スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





遊戯王の次期制限カードが発表されたらしい

遊戯王は高校の頃やってました。受験でやめて、それ以来やってないんだけど。

今回、遊戯王の制限カードが発表されたようです。それが、なんと凄いことになってるみたいで・・・




【禁止】
「フィッシュボーグ-ガンナー」「メンタルマスター」「ハリケーン」「王宮の弾圧」
【制限】
「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」「真六武衆-シエン」「TG ハイパー・ライブラリアン」「デブリ・ドラゴン」
「フォーミュラ・シンクロン」「ローンファイア・ブロッサム」「大嵐」「原初の種」「紫炎の狼煙」「貪欲な壺」
【準制限】
「召喚僧サモンプリースト」「トラゴエディア」「ネクロ・ガードナー」「氷結界の虎王ドゥローレン」「デステニー・ドロー」
「光の護封剣」「マインドクラッシュ」「リビングデッドの呼び声」
【制限解除】
「裁きの龍」「魂を削る死霊」「オーバーロード・フュージョン」
「サイクロン」「巨大化」「グラヴィティ・バインド-超重力の網-」「ゴッドバードアタック」




ん? 開闢・・・?

目をこすってもう一回見てみよう・・・ゴシゴシ・・・か・・・開闢!! 開闢が・・・禁止から・・・制限だと!!

1790.jpg

効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。
自分のターンに1度だけ、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
・フィールド上に存在するモンスター1体をゲームから除外する。
この効果を発動する場合、このターンこのカードは攻撃する事ができない。
・このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
もう1度だけ続けて攻撃を行う事ができる。



かつて遊戯王には、暗黒時代と呼ばれる時代がありました。

どーゆー時代かというと、強すぎるカードがあって、それのせいでデュエルが面白くない時代。


開闢は、「カオス・エンペラー」や「ヤタガラス」とならんで暗黒時代を象徴するカードなのは間違いないでしょう。

もちろん、開闢の強さは現在でも一級品。というか、「オネスト」という光属性を強くするカードや、墓地を増やすカードの

増加で、開闢の強さはさらに磨きがかかっていると言っても過言ではないでしょう。


まぁ、今回はあくまで「制限カード」なので、デッキには1枚しか入れられません。

これにかんしてあーだこーだ言うよりも、単純に驚きでしたね。



そのほか、気になったことといえば

「光の護封剣」「魂を削る死霊」「グラヴィティ・バインド」・・・なんかウザイ系のカードが緩くなってないか?


あと、俺は一応ライロデッキがあるので、「裁きの龍」はちょっと嬉しい。




よろしければクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ
Blog Entry ランキングへ投票
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村

関連記事





この記事へのコメント


「href」は禁止ワードになっています。URLを貼る場合はタグを使わずに直接貼り付けてください。

トラックバック

URL :

最新記事
閲覧者
いらっしゃいませ
モデラーズギャラリー、参加してます
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
最新コメント
人気記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
カテゴリ
リンク
メールフォーム

ORUDIOSに励ましのおたよりを出そう!(ぁ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見、ご感想、雑談 相互リンク申請などありましたらどうぞ

こんなやつです。

ORUDIOS

管理人:ORUDIOS
身分:大学生
年齢:華の20代前半

趣味が多すぎて困る・・・

味の濃いものが好きですね



↑たったこれだけ書くのに
1時間ぐらい悩んだのは秘密()



検索フォーム
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。