スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- 感想

yamamotoisoroku.jpg


ずっと感想を書こうと思っていた映画です。

なんか、見てから書くまで長引いてしまった・・・・・


続きを読むからどうぞ!




最初に断わっておきますが、俺は中学校の頃はちょっとしたミリオタだったのですが

ミリオタといっても「第二次世界大戦のヨーロッパ方面の戦車」というえらく限定された方向であってですね

日本軍とか、第二次世界大戦とかはほとんど知りません(ぁ

いや、零戦が強かったとか、大和がでかいとかそういうのはわかるし

学校で習ったようなこと(空襲や沖縄戦、原爆)は知ってるんですが

よく軍オタが言うようなミッドウェー海戦とか、名前は知ってても

実際どういう戦いなのかは知らないんですよね・・・・

この映画の主役、山本五十六もあんまりどういう人か知らないし


そんな俺の感想です 前置きが長くなってしまいました


さてこの映画、ほとんど予習せずに見たんですが

まず思ったのは出演者が豪華!

山本五十六役を役所広司氏が演じて、そのほかの出演者は

阿部寛、柳葉敏郎、佐々木勝彦、玉木宏、香川照之・・・と

普段ドラマを全く見ない俺でも知ってるような人がバンバン出演してるんですよね

いやいや、金かかってるなーと(ぁ


もちろん、金をかけたのはそこだけではなく

戦闘機でのドッグファイトや戦艦など、CGをフルに使ってあって

ここら辺は普通にかっこいいですね・・・

俺は戦艦のプラモも少し作ったことあるんですが、やっぱりかっこいいですよね・・・

普通に見とれます

(ただし、作った戦艦はアメリカのアイオワ(ぁ


内容も見事としか言えません

前述のとおり、俺は太平洋戦争の戦歴?とかはあまり知らなかったのですが

それでも、真珠湾攻撃をとりまく状況とか、そのうえでのミッドウェー海戦とか

とてもわかりやすくて良かったです。


ここら辺がこの作品の大きな特徴だと思うんですが、

大抵こういう戦時中の作品って、軍部が悪い!みたいな描かれ方をされるんですが

この映画は、決して軍部が悪い!陸軍が悪い!という短絡的な描かれ方ではなく、

「国民が戦争を望んで、それが間違っていた」「メディアにも責任がある」というテーマだったのが印象的でした

このテーマで描くのに、開戦に反対だった山本五十六という人を主人公にしたのは

ぴったりだったと思います。

何とか開戦をやめようとした努力や、真珠湾で主要な艦隊を叩けなかった失敗、

宣戦布告が遅れたことなど、うまく描写できてると思いますね


平和を考えるうえで、そりゃあ「戦争の恐ろしさをただ伝えるだけの映画」も

まぁ悪くはないとは思うんですが、戦争ってのは様々な要因が絡んで起こるものなんですよね

そういうメッセージが込められた、いい作品だと思います。





関連記事





この記事へのコメント


「href」は禁止ワードになっています。URLを貼る場合はタグを使わずに直接貼り付けてください。

トラックバック

URL :

最新記事
閲覧者
いらっしゃいませ
モデラーズギャラリー、参加してます
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
最新コメント
人気記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
カテゴリ
リンク
メールフォーム

ORUDIOSに励ましのおたよりを出そう!(ぁ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見、ご感想、雑談 相互リンク申請などありましたらどうぞ

こんなやつです。

ORUDIOS

管理人:ORUDIOS
身分:大学生
年齢:華の20代前半

趣味が多すぎて困る・・・

味の濃いものが好きですね



↑たったこれだけ書くのに
1時間ぐらい悩んだのは秘密()



検索フォーム
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。