スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





過去作うP 「MG 1/100 RX-78ガンダム ver.2.0」

DVC00009_20121206230005.jpg

どうもこのブログで記事書いたりプラモ写真うPしてるロボは

基本的に悪役だったり地味役だったりする奴ばっかりなんですよね・・・


で、ここにきてようやく(?)王道の、有名な、そして主役のロボです!

数年前に話題になった、RX-78ガンダムのVer.2.0ですね


続きを読むからどうぞ!




「Ver.2.0とは?」

RX-78ガンダム(いわゆる”普通のガンダム”)は、1/100のスケールで

実に様々なプラモが登場しています。

MGだけでも、結構な数あるんですよね


ただ、最近のプラモになるにつれて、

やはり装飾過多だったり、ディティール多めだったりするデザインのものが多く発売されました。

象徴的だったのは、Ver.KaブランドのRX-78でしょうか

verka.jpg

確かにかっこいいし、見栄えもするんですが、

初代の、あのアニメで躍動してたRX-78とはイメージがかけ離れているというか、

そんな感じがしたのも確かです。



さて、そんな中、リリースされたのが、今回のVer.2.0ガンダムです

DVC00009_20121206230005.jpg

あえてディティールを抑え気味にし、またプロポーションも本編アニメの設定画に

より近づけている、素晴らしいキットだと思います。

まさに、当時のバンダイの技術が全て注ぎ込まれたかのような、そんな感じさえしますね。


ただし、部品点数はかなり多めで、それゆえ脆い・・・

せっかくの可動が、脆さによって台無しになってしまうのは残念ですね。


DVC00008_20121206230005.jpg

さて、今回の作例はクリアー吹いて墨入れしただけの簡単フィニッシュで仕上げています。

この頃はまだ未熟だったため、ゲート跡とかあんまり処理しきれてないんだよね・・・



可動は本当に素晴らしいの一言ですね。こんなことも再現できる

DVC00007_20121206230004.jpg

lastshooting.jpg

ラストシューティング!!


また、コアファイター分離もばっちり

DVC00006_20121206230004.jpg


DVC00005_20121206230003.jpg

コアファイター用のスタンドまで付属する至れり尽せりっぷり・・・

しかも、このコアファイターもなかなか出来が良く、ミサイル発射口?のオープンギミックまで

再現されています!本当に凄い




終わりに



こういうふうに「原点回帰」を狙ったRX-78のプラモをリリースした当時のバンダイの

決断は大いに評価したいですね!

このVer.2.0自体はすごく出来のいいプラモだし、そう言う意味でも本当に評価すべきものだと思います。


しかし

このVer.2.0発売後のRX-78のプラモを見てみると・・・?

rgrx-78

R1037272.jpg

デザイン的には、Ver.2.0を全く踏襲しておらず、

むしろVer.Kaに近い路線なのは気のせいではないはず



まぁ、HGのほうは「お台場ガンダム」をプラモ化したものだからそういうデザインなのも仕方ないし

RGはもうそういうコンセプトですから、これも仕方ないといえば仕方ないです。


しかし、やっぱりああいった「原点回帰デザイン」はウケが悪くて

それゆえにその後のRX-78に受け継がれなかったのか・・・?とか考えてみたり


ちょっと考えすぎですかね?

(てかプラモの解説少なめになってしまったorz

関連記事





この記事へのコメント


「href」は禁止ワードになっています。URLを貼る場合はタグを使わずに直接貼り付けてください。

トラックバック

URL :

最新記事
閲覧者
いらっしゃいませ
モデラーズギャラリー、参加してます
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
最新コメント
人気記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
カテゴリ
リンク
メールフォーム

ORUDIOSに励ましのおたよりを出そう!(ぁ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見、ご感想、雑談 相互リンク申請などありましたらどうぞ

こんなやつです。

ORUDIOS

管理人:ORUDIOS
身分:大学生
年齢:華の20代前半

趣味が多すぎて困る・・・

味の濃いものが好きですね



↑たったこれだけ書くのに
1時間ぐらい悩んだのは秘密()



検索フォーム
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。