スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





DISCOVERY/Mr.Children

discovery

おそらく、アルバムレビューはこれで最後だろう(ぁ


何でかって言うと、いや、まぁ好きなアーティストは結構いるし、

すきなアルバムも結構あるんですが、ミスチルほど聞き込んでもいないわけで、

書いたとしても、おそらくは凄い薄っぺらくなると思うんで・・・



いや、でもミスチルのアルバムはまだまだあるから、書いてみるか・・・

いやいゆ、とりあえず、とりあえずはこれで最後!というわけで・・



続きを読むからどうぞ!




さて、この頃のミスチルは

まず、アルバム「深海」がリリース

これは当時のミスチルにしては珍しい、ダークで暗いアルバムでした

「一体、ミスチルに何が起こっているのか!?」そういわれたそうです。

そして、アルバム「BOLERO」がリリース

こちらは、深海よりは明るいアルバムでしたが、収録曲は社会批判などが含まれており、

「自暴自棄」ととってもいいアルバムでした


そして、1年間の活動休止へと進みました。


その後、シングル「ニシヘヒガシヘ」「光の射す方へ」で復活するのですが、

やや暗いというか、破滅的というか、深海を引きずっているというか

「バンドらしさを追及した」という割にはシンセサイザー使いまくりだったというかで

完成度は高いんですが、どうもまだ暗い感じを引きずっているようでした。

nisihehigasihe.png


そして、その後リリースされた「終わりなき旅」

ここで完全復活!という方も多いようですね。

文句なしの名曲が生まれるわけです。

owarinakitabi.jpg



そんでその後、アルバムがリリース

これが今回の「DISCOVERY」というわけです

discovery

さて、この書き方だと「終わりなき旅の後だからさぞかし素晴らしいアルバムなんだろう!」と

思われそうですが、これがそうでもありません。

一曲目から暗いし、やっぱり深海を引きずっているような

バンドらしさを追及して、桜井さんの声を前面に出さない曲が多いのですが

これが「ミスチルらしさ」を消しているような、そんな感じさえします。


まさに、前回の「BOLERO」と同じ感じですね。

バンドサウンドがメインで、かつ危なっかしい感じの

このあたりはいまだに賛否両論あるんですが、


ただし、暗いだけではなく、暗い中にも一筋の光が見えるような

そんな構成で、これはこれで素晴らしいと思います。


(もしかして、これを「偶然」ではなく、「意図的」にやってたとしたら・・・?

この人たちは、なんて凄いんだろう・・とか考えてみたり・・・)


何よりも素晴らしいのは、ラストの「image」でしょう。

直前に「終わりなき旅」を持ってきていて、これで終わっても良かったんですが、

そこであえて「image」を持ってくる・・・

しかも、この「image」、隠れた名曲といっていいほど素晴らしいんです。



この後のアルバム、「Q」や「It's wonderful world」は、かなり明るいアルバムになっていますが、

この「DISCOVERY」の反動・・にも見えなくもない・・・そんな気さえしますね。

なんにしても、ミスチル・ファンなら是非一度は聞いて欲しい、そんなアルバムです。

個人的には、この深海~Qまでの流れが凄く好きですね。



関連記事





この記事へのコメント


「href」は禁止ワードになっています。URLを貼る場合はタグを使わずに直接貼り付けてください。

トラックバック

URL :

最新記事
閲覧者
いらっしゃいませ
モデラーズギャラリー、参加してます
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
最新コメント
人気記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
カテゴリ
リンク
メールフォーム

ORUDIOSに励ましのおたよりを出そう!(ぁ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見、ご感想、雑談 相互リンク申請などありましたらどうぞ

こんなやつです。

ORUDIOS

管理人:ORUDIOS
身分:大学生
年齢:華の20代前半

趣味が多すぎて困る・・・

味の濃いものが好きですね



↑たったこれだけ書くのに
1時間ぐらい悩んだのは秘密()



検索フォーム
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。