スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





MSM-07 ズゴック

DVC00019.jpg

パソコン整理してたらプラモ画像が出てきたんで載せておきます

はい、ズゴックですね。


なんか文かいてたらやたらと長文になってしまったので

記事上部「Read more」からどうぞ!








ズゴックの話が出ると、よく言われるのが「ズゴックはシャア専用機がかっこいい」という意見

sya.jpg

シャアの赤いズゴックは、劇中でとてもかっこよく書かれていました。

ホワイトベース隊に対し失策続きで、ガルマを戦死させてしまい(本当は自分で殺してるのですが)

左遷されていたシャア

それがジャブロー攻略時に赤いズゴックで再登場

アムロの目の前でジムを串刺しにし、ゆっくりと立ち上がる・・・・・・

「間違いない、シャアだ。シャアが来たんだ・・・」



このシーンを持って、赤いズゴックは大人気です。

しかし、あえて言いたい。赤いズゴックが好きな皆さんへ

あなたが好きなのは「赤いズゴック」ではなく、「それが活躍してるシーン」

ではないでしょうか?



正直なところ、俺は赤いズゴックよりも断然量産機の水色ズゴックが好きです。

水色ズゴックは、劇中ではあまり活躍していません。

せっかくの新兵器なのに、画面にうつるのは爆発シーンばかり・・・

しかし、それでも俺は水色ズゴックが大好きです。

理由はただ一つで、この色が妙にリアルだからですね。



ズゴックは、非常にユーモラスな表情をしています。

ウルトラマンや仮面ライダーの敵キャラみたいですね。

冷静に考えて、こんな兵器はさすがに実際には出てこないでしょう。

どう考えてもジムやザクのほうがリアルです。


しかし、これが独特の水色をすることによって、謎の説得力が出てきます。

実際にあってもおかしくない様な色使いなんですね。

そう考えるとシャアズゴックはゆで蟹にしか見えず、微妙です。

「ありそうにない形」なのに、「色だけ無駄にリアル」で、しかもそれが妙にマッチしてる

これが水色ズゴックの魅力だと思います。

このプラモを組み上げたとき、その妙なマッチ感に少し苦笑してしまったことを覚えています。




さて、プラモです。

これはMG1/100ですね。

キットに関しては文句の付けようがありません

フォルムも良好ですし、可動も十分

比較的安価ですし、箱が小さいので家族への配慮も抜群です(ぁ

そして、武器が付属しないので、すぐに組み終わっちゃいます。



今回は爪とモノアイを塗装

それから、スミ入れ後のふき取りをあえて粗くして、ウォシングみたいにしています。


DVC00018.jpg

あえて欠点を言うならば、爪でしょうか

ここにポリパーツなどを使用していないので、保持力がありません。

またカバーのパーツが外れやすいです。接着しましょう。



最後に

DVC00017.jpg

青色ズゴックが夢見たシーン・・・・



ズゴックは一時期大学のアパートに置いていたのですが、

(ガンダムを知らない)友達にとって一番ウケが良かったのがこいつでした

ユーモラスなフォルムは、他のロボットには無い独特の魅力があります。



ただ、あんまり友達がいじるもんで、膝のあたりが磨り減っちゃったのはいい思い出・・・・





関連記事





この記事へのコメント


「href」は禁止ワードになっています。URLを貼る場合はタグを使わずに直接貼り付けてください。

トラックバック

URL :

最新記事
閲覧者
いらっしゃいませ
モデラーズギャラリー、参加してます
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
最新コメント
人気記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
カテゴリ
リンク
メールフォーム

ORUDIOSに励ましのおたよりを出そう!(ぁ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見、ご感想、雑談 相互リンク申請などありましたらどうぞ

こんなやつです。

ORUDIOS

管理人:ORUDIOS
身分:大学生
年齢:華の20代前半

趣味が多すぎて困る・・・

味の濃いものが好きですね



↑たったこれだけ書くのに
1時間ぐらい悩んだのは秘密()



検索フォーム
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。