スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ブログ休止中に観たアニメ Part5「OVERMANキングゲイナー」

king.jpg

富野由悠季という人は、かつて自身が監督をした「伝説巨神イデオン」や「Zガンダム」などで

登場人物を殺しまくることから「皆殺しの富野」と呼ばれていました。

しかし、近年では、逆にロボットアニメなのに登場人物があまり死なないアニメを作成していて

それらは「白富野作品」と言われているわけです。

そしてその白富野作品は主に3つ

「ブレンパワード」「∀ガンダム」そして「OVERMANキングゲイナー」です



このアニメに限ったことではないですが、やはりアニメを見てると変に深読みしてしまって

「実は○○なんじゃないか」「後で○○みたいなシーンが出てくるんじゃないか」とか勝手に

予想をしてしまうことがあると思います。

特に、この作品ではそう予想してしまう節がいくつもあるんですね。

しかし、富野監督の話によると「このアニメのライバルはクレヨンしんちゃん」であり

エンターテイメント性を強く打ち出した作品であります。

そんなんなので、変に肩に力を入れずに見るといいのでは無いでしょうか?

(そんなことはつゆ知らず、俺は勝手に深読みしながら見たので、ラストの適当っぷりにはちょっとガッカリしましたね・・・)



さて内容ですが、エンターテイメント性を打ち出すというのは確かで、とにかく面白いです。

僕は一気にアニメを見るのが苦手で、4クール物をレンタルで見ようと思った時でも

最低一ヶ月はかかるタイプなんですよ

しかし、この作品だけはとにかく面白くて一週間ちょいぐらいで一気に見ました。

(まぁ、それだけ暇だったってのもあったんですけど)


主人公達はかなり過酷な環境での生活を強いられているのですが、そこに絶望感などはありません

一歩間違えれば暗い話になってしまってもおかしくはないのですが、そこらへんをあくまで

「エンターテイメント作品」ということで明るく仕上げています。

(昔の富野だったら全員死亡ENDあったよなぁとか勝手に考えてました・・・)



当時はWOWOWの有料枠で放送された作品で、そのためかあまり商品展開が行われませんでした。

そんなこんなで、どちらかと言えばマイナー作品扱いのこのアニメですが、

デザインに若干クセがあるくらいで、内容はかなり万人ウケするものだと思います。

ですがやはり最後が・・・もういい今日はそれについては黙ってるわ

関連記事





この記事へのコメント


「href」は禁止ワードになっています。URLを貼る場合はタグを使わずに直接貼り付けてください。

トラックバック

URL :

最新記事
閲覧者
いらっしゃいませ
モデラーズギャラリー、参加してます
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
最新コメント
人気記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
カテゴリ
リンク
メールフォーム

ORUDIOSに励ましのおたよりを出そう!(ぁ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見、ご感想、雑談 相互リンク申請などありましたらどうぞ

こんなやつです。

ORUDIOS

管理人:ORUDIOS
身分:大学生
年齢:華の20代前半

趣味が多すぎて困る・・・

味の濃いものが好きですね



↑たったこれだけ書くのに
1時間ぐらい悩んだのは秘密()



検索フォーム
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。